美容成分として注目のビタミンC誘導体

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像

美白化粧水や美容液の成分にピックアップされることが多い「ビタミンC誘導体」。
よく肌に良いって聞くけど、実際にどんな作用があるのか、本当に肌に作用するのか気になりますよね。

より美肌を目指す女子としては放っておけないワード。
どんなものなのか、早速調査してみました!

体内でビタミンCに変化する!

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像2

ビタミンC誘導体を簡単に言ってしまうと、体内の酵素反応によってビタミンCに変化するもの。
だったら普通にビタミンCを摂れば良いんじゃないかなんて思いますよね。

でも、実はビタミンCはとっても不安定で、分子構造が壊れやすいもの。
空気や水に弱く、体内に届くまでにほとんどが活性を失ってしまうんです。

せっかく体内の酸化(=サビ)を防いでくれる抗酸化作用が強いのに脆くて上手く吸収されないのは勿体ないですよね。

そんなビタミンCをより効率良く体内に確実に運ぶ為に改良されたのが、ビタミンC誘導体なんです!

通常のビタミンCだと、ほとんどが体内に届く前にその役割が失われてしまいますが、体内に吸収された時にビタミンCに変化することで、確実にビタミンCが体の中で活動できるんです。

さらに、ビタミンC誘導体は角質層への浸透力・吸収力に優れているから、外部(皮膚)からビタミンC摂取をすることができます◎

ビタミンC誘導体の役割

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像3

ビタミンC誘導体と一括りに言われていますが、その種類はいくつかあります。
それぞれが違う役割を担っており、肌への影響もそれぞれ違ってくるんですよ。

一体どんな影響を与えてくれるのか、早速チェックしていきましょう!

水溶性ビタミンC誘導体

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像4

メラニンへの作用も期待でき、メラニンの生成を抑えつつメラニンの排出を手助けしてくれるのが水溶性ビタミンC誘導体。

だから、ホワイトニングやシミに良いとされているんです◎
さらに皮脂の分泌を抑えてくれるので、脂性肌の人には効果的ですが乾燥肌には悪化させてしまうこともあるそうです。

脂溶性ビタミンC誘導体

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像5

即効性はありませんが、水溶性と同様にメラニンへの作用が期待出来ます。
肌の浸透率は水溶性に比べて非常に高いので、角質層の奥深くまで作用をしてくれます。

さらに、刺激が少なく保湿力・持続力が高いので、乾燥から肌を守ってくれるんです。

新型ビタミンC誘導体(APPS)

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像6

水溶性・脂溶性の特長である、「即効性」と「浸透力」をあわせ持つ優れものが新型ビタミンC誘導体(APPS)。

メラニンへの作用はもちろん、シワなどにも即効性・持続力が期待できるので、長期間使用し続けることで肌にハリをもたらし、アンチエイジング効果にも期待出来ます。

また、乾燥肌・脂性肌を選ばず肌をコントロールしてくれるので、コラーゲンが生成されやすくなり、ニキビや乾燥肌への改善に導いてくれるんだとか。

ビタミンC誘導体を摂取するには?

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像7

ビタミンC誘導体ってどうやって摂取することができるのか、気になる人も多いと思います。
こんなに機能性が良い成分なら、美容コスメ以外のアイテムでも摂取したい!…と混同しがちになっていませんか?

食事からビタミンC誘導体は摂取できるの?

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像8

ビタミンC誘導体は改良された成分なので、通常私達が食べている食物から摂取することはできません。

しかし、ビタミンC自体は食事からとれるので、食生活から改善したいという人はビタミンCを含む食材を食べるようにしましょう。

サプリメントからビタミンC誘導体は摂取できるの?

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像9

サプリメントは元々ビタミンCを一番効率よく摂取できるアイテム。
誘導体化せずに、ビタミンCを摂取することが出来ます。

ただ、ビタミンCの過剰摂取で体調不良をおこす場合もあるので、摂取量には十分注意する必要があります。

誘導体化はビタミンCを浸透させる為の改良!

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像10

このようにもともと、サプリや食事から摂ることが出来なかったビタミンCを、美容コスメでも肌に吸収されやすく誘導体化したのがビタミンC誘導体。

結構混同しがちになる部分ですが、サプリや食材で摂取したい場合は普通にビタミンCの含まれるものを選んでOKなんですよ◎

ビタミンC誘導体はどんな肌トラブルに良いの?

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像11

特に新型ビタミンC誘導体であれば、どんな肌にも作用することができます。

  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • シミ
  • シワ
  • くすみ
  • 老化
  • たるみ
  • ほうれい線
  • 紫外線ダメージを負った肌

などなど。
もともとビタミンCの抗酸化作用はかなり強力なもの。
その力を損なわずに、しっかりと体内に入って働きかけてくれる超優秀成分なんです♡

ビタミンC誘導体をバランス良く摂取!

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像12

ビタミンC誘導体の効果って凄いですよね。
より浸透力をあげることを目的として改良された成分だからこそ、なせる技なのではないでしょうか。

でも、ビタミンC誘導体ばかりを摂ってしまっても肌の栄養が偏ってしまいますよね。
過剰摂取をすることは、逆に体に害を及ぼすこともあります。

一番良いのは、他の美容成分と合わせてバランス良く摂っていくこと。
でも、美容成分って結構たくさんあるし、化粧水の成分表を見てもどれが有効なのか分かりにくいですよね。

チェックすべき美容成分

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像13

今回は多くの美容成分の中でも、有効とされている成分のみをまとめてみました。

実際の製品に、ここでまとめている成分が全て入っていなければならないというわけではありません。

しかし、中にはさほど有効とも思えない成分が入っているスキンケアアイテムもあります。
そんなとき、スキンケアを選ぶ基準としてこれらの成分を参考にしてみてください。

保湿成分

コラーゲン 角質層を保湿することでハリや弾力を導きます
セラミド
スフィンゴ脂質
リン脂質
保湿効果が高く肌のバリア機能の働きをサポート
ヒアルロン酸 保湿効果が高い成分
エラスチン 真皮の中ではコラーゲン同士を結びつけ、角層では水分量を保持してくれます

アンチエイジング・美白成分

ビタミンC誘導体 シミ・そばかす・シワなどに即効性があり、使い続けることでアンチエイジングにも期待できます
プラセンタ 組織修復作用があり、シミ・シワに対する予防やケアに期待出来ます
トリペプチド アンチエイジング作用に期待でき、コラーゲンの組織に働きかけます
レチノール(ビタミンA) シワ・ニキビ跡・シミに良いとされ、肌のターンオーバーをサポート
パントテン酸 新陳代謝を活発化させ、肌にうるおいや弾力をもたらします
ナイアシン コラーゲン生成を促し、ニキビ予防としての主成分になります

美肌を目指すならビタミンC誘導体は欠かせない!

美肌・美白にはビタミンC誘導体が効果的なのか画像14

なんとなく見たことがある成分だったビタミンC誘導体は、実は美容成分の中でもかなり重要な役割をしてくれるマルチ成分。

肌に浸透させる為に改良された成分、というのも初めて知ったという人も多いのではないでしょうか。
だからこそ他の成分にはない優秀な成分として注目を集めているんです。

美肌・美白ケアを真剣に考えている人は、ビタミンC誘導体は欠かせない成分にもなるのではないのでしょうか。
スキンケア選びをする時はぜひこれらの美容成分に注目してみてください。

ただ、ビタミンC誘導体の過剰摂取は栄養の取りすぎとなり、逆にニキビが出来たりすることもあります。
ムリに摂取せず、自分の肌と相談しながら一番合うスキンケアを探しましょう。

今の自分の肌の状態が知りたい、という時はコスメカウンターで肌チェックをしてもらって肌の状態を確認しておくのも一つの手ですよ♡

ぜひ美肌をGETしてみてください!

参考:ビタミンC誘導体 -wikipedia-