目の下のクマやくすみはスキンケアのせい?!正しいケア方法とマッサージの仕方を紹介◎

なかなか改善が難しいクマやくすみ

目の下のクマやくすみをケアしよう画像1

目の下のトラブルって本当にしつこくて厄介ですよね。
ニキビのように、化粧水を変えただけで引いてくれたりすればいいものの、なかなかそう簡単にはいきません。

だからといって、いつまでもコンシーラーに頼るのはイヤですよね。
素肌を綺麗にを目指す美肌girlならなおさら、クマも解消してスッピン美人になりたいですよね。

老けて見える原因にもなりかねないクマやくすみ。
どんな風にケアしていけばいいのか、早速チェックしていきましょう!

クマやくすみの原因ってなに?

クマやくすみのほとんどは、日頃の生活環境から影響が出ています。
そこで、何がクマやくすみの原因になっているのか最初に確認しておきましょう◎

青黒いクマ・くすみ

目の下のクマやくすみをケアしよう画像2

青いクマは主に血行が悪いことが原因とされています。
特に皮膚が薄い目の下は、血行が悪くなると目に見えて分かりやすくなってしまうんです。

引っ張ると色みが薄くなり、日によって濃さが変わったりもします。

青クマを作ってしまう原因

  • 睡眠不足
  • 目の疲れ
  • 冷え性
  • ストレス

ちなみに目が大きい人は一般的な人よりも目の筋肉を使うので、目が疲れやすく青クマやたるみができやすいんだとか。

黒いクマ・くすみ

目の下のクマやくすみをケアしよう画像3

下瞼(涙袋)がはっきりしている人は、その影によって黒っぽく見えます。
実際に皮膚に現れている色ではないので、上を向いて影をなくすとクマが薄くなります。

黒いクマを作ってしまう原因

  • 下瞼や涙袋
  • むくみ
  • たるみ

下瞼や涙袋による影はそこまで気にしなくてもOK。
しかし、たるみによってできる黒い影は、より老けて見られることがあります。

茶色いクマ・くすみ

目の下のクマやくすみをケアしよう画像4

茶色いクマ「茶クマ」に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
主にメラニンの色素沈着によって茶クマが現れます。

上瞼にもできやすく、引っ張ったり上を向いたりしてもクマに変化はありません。

茶クマを作ってしまう原因

  • 目をこする
  • 紫外線

眠い時や目の周りが痒い時に目をこすったりするクセが付いている人は、特に茶クマになりやすくなります。
また、スキンケアやメイクアップのときにチップやコットンなどで強くこするのもNG。

まずはスキンケア方法から見直してみよう!

目の下のクマやくすみをケアしよう画像5

青クマ・茶クマを併せて持っている女性は特に多く見られます。
特に茶クマの原因にもなるのが、スキンケアやメイクアップの時の目の周りのこすり。

特に乾燥肌や紫外線ダメージを受けた肌に対して目をこすってしまうと、色素沈着の手助けをしてしまうことになりかねません。
しっかりとスキンケアしなきゃ…!と気合を入れていることが空回りになっていることもあるので、正しいスキンケアをするようにしましょう◎

目元のスキンケアはコットンで丁寧に

乾燥している肌には手でのスキンケアが刺激が少くて良いのではないかと思いがちですが、不潔な手でスキンケアをすると肌トラブルの原因にもなりかねません。
より、無駄なくムラなく清潔な状態で肌に浸透させるなら、断然コットンでのケアがおすすめです。

でも、コットンをゴシゴシ使うのはNG。
正しいコットンの使い方はこちらをチェックしてみてください◎

おすすめの目元のスキンケアアイテム

マスターホワイト

マスターホワイトオイルバームの商品画像

引用:©masterwhite.net

マスターホワイト美白オイルバーム(医薬部外品)

通常価格:6,500円(税込)
初回限定価格:3,900円(税込)※一人3個まで

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防いでくれる優秀バーム。
ビタミンC誘導体配合のおすすめ美容アイテムとしても紹介しました。
確かな成分だけを配合しているから、肌に優しくくすみの元にしっかりとアプローチ。
目の下の茶クマなど特に気になる部分に重ねて使うと◎

引用:©http://masterwhite-balm.net

シミやくすみ、乾燥など少しでもエイジングサインに気づいた段階で気軽に始められます。
実は、まだ肌に蓄積されているだけで、3年後、10年後に隠せないような濃いシミが出来る様になることもあります。

だからこそ、気づいた時から早めにエイジングケアに取り掛かる必要があります。
マスターホワイトは基本的なスキンケアの後に塗るだけで、しっかりとシミ・シワにアプローチ。

引用:©http://masterwhite-balm.net

ビタミンC誘導体やビタミンE、さらに馬油など美容に良いとされている成分だけをシンプルに閉じ込めたオイルバームなんです。
他の成分が邪魔せずにしっかりと肌の奥まで届いてくれるんですよ◎

引用:©http://masterwhite-balm.net

肌への刺激が気になるという人も安心して使える、無添加処方。
アンチストレスだから、肌への優しさにこだわった成分配合となっているんです♡

詳しくはこちら:マスターホワイト美白オイルバーム(医薬部外品)

LITS (リッツ)

リッツの商品画像

引用:©www.lits.jp

ゴールデンナイトジェリーEX
3,340円(税込)

スキンケアアイテムとして優秀なリッツのナイトジェリーは、実は目元のクマ対策に期待できる「アイリス」が配合されているんです◎
顔全体のケアをしつつ、目元のクマへもしっかりとアプローチしたい人におすすめです。

引用:©www.lits.jp

LITSは元々、植物幹細胞由来成分が配合されているところが注目を浴びています。
そもそも、人間の肌や骨、筋肉などの全てを作り上げるおおもとの細胞のことを幹細胞と言います。
植物幹細胞は、人の幹細胞を守ってくれる役割をしてくれるから、疲れた肌を元気づけてくれるんですよ◎

詳しくはこちら:リッツリバイバル ゴールデンナイトジェリーEX

珠肌ランシェル

引用:©www.sognando.jp

珠肌ランシェル
通常価格:5,400円(税抜)
定期価格:4,590円(税抜)※初回限定1個無料プレゼントあり。

卵殻膜に注目したフェイスクリーム。
肌にハリやツヤ感をもたらしてくれます。

目元のたるみにもしっかりとアプローチ。
エイジングケアが必要になり始めた人よりも、シワやたるみが肌に顕著にあらわれている人におすすめです。

引用:©www.sognando.jp

珠肌ランシェルに使用されている卵殻膜は、中国など古くからスキンケアに用いられている成分なんです!
実は何百年も前から使用されていたことが記述として残っているんだとか。

引用:©www.sognando.jp

珠肌ランシェルで使用されている成分、「LOX活性卵殻膜」は角質層のバリア機能をサポート。
さらに保護してくれる役割も持っています。

特に目元など、さまざまな肌トラブルを抱えた肌には、とっても機能的に働いてくれるんですよ◎

さらに、ケアだけでなくこれ以上シミを作らせないための対策として、「セレプロン」がたっぷりと配合。
しっかりと肌を守ってくれるためのクリームでもあるんです!

引用:©www.sognando.jp

なんと皮膚科医師である、中村由紀先生も納得と評価を下しているほど。
ズボラな人でもこれ一つでしっかりとシワ・シミ対策ができるところが評価されているようです◎

皮膚科の先生にも納得される優秀アイテムだからこそ、本気でシワ・シミをどうにかしたい、という人におすすめです。

詳しくはこちら:珠肌ランシェル

アイクリームも正しい使い方をしよう

よりしっかりとしたアイケアをしたいという人には、アイクリームを使うことをおすすめします。
でも、この時も効果的に使いたいからと思わず強くパッティングしたりしていませんか?

実はその方法、間違っています!
正しい使い方をして、しっかりとケアしていきましょう◎

今回紹介するのはアンプルールのアイクリームの正しい使い方
早速どのように塗っていくのか、見ていきましょう◎

アイクリームの正しい使い方画像1

引用:©www.youtube.com

手の甲に、ワンプッシュ分(パールくらい)手に取ります。

アイクリームの正しい使い方画像2

引用:©www.youtube.com

目頭、目の下、目尻の3点に薬指でクリームを置きます。

アイクリームの正しい使い方画像3

引用:©www.youtube.com

優しく伸ばします。
一気にぐいっと伸ばすのではなく、先程の3点までの距離を少しずつ動かしましょう。

アイクリームの正しい使い方画像4

引用:©www.youtube.com

深いシワは指で広げて塗り込みます。

アイクリームの正しい使い方画像5

引用:©www.youtube.com

気になる部分には重ね塗りをしましょう。

アイクリームを使うときのポイント

  • クリームを目頭・目の下・目尻に均等に置く
    特に均等に置かないと目頭・目尻までクリームが届かないこともあります。
  • 優しく少しずつ伸ばす
    一気に塗ると塗りムラが出来たり、強くこする原因になります。

おすすめのアイクリーム

目元とまつ毛のご褒美画像

引用:©tree-ec.com

目元とまつ毛のWケア美容液誕生【目元とまつ毛のご褒美】

通常価格:4,700円(税抜)
定期購入:3,700円(税抜)※初回980円(税抜)

目元+まつ毛に作用してくれる美容液。
血流循環の改善やたっぷりのうるおいで目元の乾燥を防ぎ、しっかりとケアしてくれます。

定期購入では1回限りの購入でも解約できるから、気軽に試すこともできるんですよ◎

引用:©tree-ec.com

なんとお客様満足度98.2%と、多くの人が3ヶ月以上使うことで効果を実感したそうです◎
しかも、一番気になる目元のシワとくすみ・クマなどに効果的のもよう。

引用:©tree-ec.com

このように、うっすらとくすみが薄くなってきているのが分かりますね!
また、まつげの長さにも変化を感じます◎

目元はどうしても悪循環が続いてしまいます。
そこにツヤ、保湿、ハリ、血液循環、美容成分、さらにマツ育のことまで考えられた「目元とまつ毛のご褒美」をプラスワンすることで悪循環を打開。

しっかりと目元をいたわる時間を作ることが出来るんですよ♡

詳しくはこちら:目元とまつ毛のWケア美容液誕生【目元とまつ毛のご褒美】

ポーラBAの画像

引用:©net.pola.co.jp

POLAの目元リフトアップクリーム【B.A ザ アイクリーム】

21,600円(税込)

本気で目元のケアを考えている人におすすめのポーラのアイクリーム。
主に目元のたるみからくる黒いクマに対するケアが期待出来ます。

エイジングケアラインのB.A.の確かな機能性があるから、たるみ・シワに真摯にアプローチしてくれます。

引用:©net.pola.co.jp

目元独特の構造

  • 骨、筋肉、脂肪がなく、肌の土台がない
  • 皮膚が薄い
  • まばたきによる振動・疲れが多い

だからこそ、若々しいハリのある肌の頃とは違い、皮膚に元気がなくなるに連れて徐々にまぶたで目が小さくなるように見えてしまうんです◎

引用:©net.pola.co.jp

ポーラのアイクリームは「保湿」「浸透」「弾力膜をつくる」という3つの機能を同時に発揮してくれる複合処方を採用。

アイリフトエマルジョンという、肌に馴染みやすい液晶構造をもつクリームでしっかりと浸透、アプローチをしてくれます。

引用:©net.pola.co.jp

さらに、ポーラオリジナル成分「月桃葉BAリキッド」をたっぷり配合。
これは約150種類もの植物成分から厳選して、選び抜かれた中の「月桃葉」から摘出された成分なんです!

なんとこの月桃葉、赤ワインの34倍ものポリフェノールが含まれているんですよ◎

ポリフェノールは、肌トラブルやストレスから肌を守り、若く新しい細胞を作り出す手助けをしてくれる成分。

このような、確かな成分が配合されているから安心して使うことができますよね!

詳しくはこちら:POLAの目元リフトアップクリーム【B.A ザ アイクリーム】

アイキララの画像

引用:©www.eyekirara.com

アイキララ

通常価格:2,980円(税抜)
お試しコース:2,682円(税抜)

医学誌に掲載されるほどの注目を集めているのが、アイクリーム「アイキララ」。
加齢による皮膚やせのせいでくすんで見える肌に作用してくれます。
価格も安めだから、初めて目元のエイジングケアをする人におすすめです。

引用:©www.eyekirara.com

アイキララは、加齢によるコラーゲン不足によって引き起こされる皮膚やせに注目。
なんと、皮膚が痩せてくると、目のしたのくすみがどんどん濃くなっていくんです。

引用:©www.eyekirara.com

図のように元気な肌だと、奥の血色が透けることはありませんよね。
しかし、痩せた皮膚はその下の血色をより濃く見せてしまうんです。

引用:©www.eyekirara.com

アイキララはMGAというビタミンC誘導体の一種をつかて、ハリと弾力を覚醒させてくれます。
ビタミンC誘導体はコチラでも紹介したように、ハリやシミに効果的と言われており、エイジングケアにも欠かせない成分となっています。

さらにコラーゲンを内側に溜めることでハリに満ちた肌へと導いてくれるんですよ◎

詳しくはこちら:POLAの目元リフトアップクリーム【B.A ザ アイクリーム】

マッサージで目元の疲れをケアしよう

スキンケアを見直したら、マッサージで目元の疲れ・負担をケアしてあげましょう◎
特に青クマ・黒いクマを持っている人は、目の疲れやたるみを解消するマッサージを行うことをおすすめします。

今回紹介するのは目のたるみを解消!3分でパッチリ目に!セルフマッサージ目元
早速どういうマッサージかチェックしていきましょう◎

マッサージで目元の疲れをケアしよう画像1

3本の指で、眉毛の下(眉と目の間)の部分に入れ込みます。

マッサージで目元の疲れをケアしよう画像2

持ち上げてグラグラと揺らします。
ここの部分は皺眉筋といって、かなり疲れを溜め込みやすい部分なんだとか。
そこをほぐすように、細かく振動を与えます。

マッサージで目元の疲れをケアしよう画像3

次に皺眉筋をつまんでひねります。
顔の中央から3回ほどに分けてひねっていくと◎

マッサージで目元の疲れをケアしよう画像4

これだけでOK!
左がマッサージをおこなった方でかなり眉毛と目元が上がっているのが分かります。

正しいケアで綺麗な目元に

目の下のクマやくすみをケアしよう画像4

いかがでしたか?

もっと効果的に、浸透させるように強くこすったり、パッティングしすぎたりすると逆に目元にストレスを与えてしまうことになります。
この間違ったスキンケア方法でクマやくすみがひどくなることもあるんです。

まずはスキンケアを見直してみて、それからアイクリームなどを使ってみるとより効果的になりますよ♡

さらに、寝る前や朝に目元のマッサージをしてあげると◎

ぜひ一度スキンケアを見直して、よりキレイな肌作りを目指しましょう!

参考:目の隈 -Wikipedia-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*